ThinkUpの経営方針


株式会社シンクアップ(社長  栗原 直以)は教育の分野でSMART広報を行っている会社です。(2017年12月7日設立)

2,3年先の生き残りではなく20年後の未来から今やるべきことを考えるヴィジョナリーカンパニーを目指します。

【SMART広報とは】
smartとは文字通り「賢い」ということですが、その他にもSocial Media+Science+Mathmatics+Art+Technology の意味を含ませています。

以上のことからわかるように私たちのサービスは教育の未来を強く意識したものとなっています。未来のあるべき姿を想定して今からやっておくべきことを考えサービスを提供していきます。

【ミッション】
マスメディアではBad News が多い中、私たちは明るい社会をつくるために「Good Newsを伝える」ことを会社の『ミッション』としています。

Good Newsとは聖書で言う「良き報せ=福音」です。
※注2Good Newsには未来の希望があります。「未だ来ていない良き訪れ」といったことですから。

【クレド】

ビジョンとして強く、私たちが希望をつないでいく「子どもたち」の姿を思い描いていきます。

『未来を作る子どもたちと歩む』 

これが株式会社シンクアップの『CREDO クレド』です。

【ドメイン】

たとえ今は実現していなくても未来には解決されていく「平和」「貧困の解消」「健康」「安全」などが実現した「豊かな社会」があり、それを私たちは子どもたちに希望を置き(託し)つつ私たち大人が責任を持って今やるべきことをやり、それを未来へと繋いでいきます。だから教育とそこからつながる社会がドメインになります。